「すとぷり」って?

11月下旬、子どもたち数人が校長室に飛び込んできました。だれか遊びに来たのかなと顔をあげると、4年生の子たちです。そして、よく見ると、いつものメンバーとは少し違うようです。「どうしたの?」と聞くと、「校長先生、“すとぷり”をお願いします。」と言って、アニメが描かれている新聞記事を差し出しました。「“すとぷり”?」はじめは何のことだか、さっぱり分かりませんでした。今、子どもたちに人気の“Strawberry Prince”の略のようです。記事を読んでいくと、「身近な人に“ありがとう”と感謝の気持ちを伝えよう」という取り組みの一環として、小・中学校、高等学校に“すとぷり”のアルバムを配付しているとのこと。吉浜小でもぜひ応募して欲しいという、子どもたちからの願いだったのです。

最近、そのアルバムが学校に届き、お昼に曲を流してもらいました。何曲か入っていますので、年が明けたら、また放送委員会にお願いしてみようと思います。もちろん、曲が流れたあと、4年生の子どもたちは「ありがとうございました。」と、感謝の気持ちを校長室に伝えに来てくれました。