ゆっくり丁寧に心を込めて

ゆっくり丁寧に心を込めて

「ハーモニカは上手い下手ではなく、ゆっくり丁寧に心を込めて吹くように先生に言われて、いつも心がけています。」こう話されていたのは、今日、2年生の音楽の授業でハーモニカの演奏を披露してくださった神保さんです。神保さんは、定年退職されてからハーモニカを習い始め、約20年間、お年寄りの施設などで演奏活動をされ、子どもたちにもぜひ聴いて欲しいということで、今回このような形で実現することになりました。

「しゃぼん玉」や「お正月」「赤とんぼ」など、童謡や唱歌を中心に7曲も演奏していただきました。知っている曲ばかりなので、小さな声で口ずさんでいる子もいました。最後には、教科書にも載っている「虫の声」を神保さんの演奏に合わせ、みんなで歌いました。

#湯河原町 #湯河原町立吉浜小学校 #ハーモニカ #童謡 #唱歌