全校朝会 ~「人権」を大事に生活しよう!~

水曜日の全校朝会は、「人権」についてのお話でした。担当教員が大きなスライドを用意して子どもたちに語りけました。

内容は、「感染症にかかってしまった人にどう接すればよいでしょう」ということを考えましょうというものです。子どもたちは静かに話を聞きながらも、担当教員から質問が投げかけられるとすかさず手を挙げて、全校児童の前でも堂々と自分の考えを述べていました。とても素晴らしいと思いました。そして、お話が終わると自然に拍手が沸き上がり、余韻が残るよい雰囲気になりました。

4月は湯河原町の人権月間です。今日の朝会もその取組の一つです。ですが、「人権」については4月が終わっても、日頃から子どもたちと共に考え続けていきたい大事な事柄です。